研究組織について

人間総合理工学科と研究開発機構で構成された研究室です。

人間総合理工学科の教員2名と研究開発機構の教員1名の指導のもと、学部3年生から博士課程の学生までが研究と勉学に励んでいます。
水代謝システム研究室の学生は、学部生は理工学部人間総合理工学科、大学院生は理工学研究科「都市人間環境学専攻」に所属しています。国籍、年齢、専門を問わず、多様なメンバーにより構成されております。
大学院の一般入試は夏と冬の2回、外国人特別入試は秋に1回あります。
本研究室にご興味のある方は、まずはご連絡ください。

研究組織図を掲載

メンバー紹介(人間総合理工学科)

教員 LinkIcon

准教授 山村 寛

機構教授 渡辺 義公

 

機構教授 山本 和夫

 

スタッフ LinkIcon

田村 富美

丁 青

黒岩 美穗

博士課程 LinkIcon

 

修士課程 LinkIcon

M2 山形 仁記

自然水中のナノ金属の動態と排出起源

M2 永里 貴大

浄水膜ろ過におけるマンガン処理法の開発

M2 石井 香奈

凝集-膜ろ過における有機系凝集剤

M2 古屋 謙治

リン吸着多孔質膜の開発

M2 小田嶋龍飛

インドネシアでの下水汚泥処理

M1 益子 理保

嫌気MBRの開発

M1 押 かすみ

バチルス活性MBRの開発

M1 山元 雄太

ディープラーニングを利用した水分析

M1Eryanti Utami Putri 

ディープラーニングを利用した凝集処理

学部生 LinkIcon

中野 睦

B4:生分解性プラスティックの精製技術の開発

米田 航大

B4:膜に適した凝集剤の開発

落合 洸介

B4:固体3次元励起蛍光法による最適洗浄薬品の選定

石井 崇晃

B4:浄水場のビックデータを利用した管理の効率化

小田島 沙英

B4:バイオポリマーを資化する好低温バチルス細菌の探索

濱田 祐綺

B4:凝集-膜ろ過における可逆的膜ファウリング影響因子 

井上 光希

B4:海水淡水化膜のアップサイクル技術の開発 


卒業生・修了生 LinkIcon

石川 大輔

明電舎

陳 希

アポロ

山田 佳穂

日本水工設計

野中 駿太

西部ガス

助教 羽深 昭

国立環境研究所